忍者ブログ

パナソニック系。あなたの街のでんきやさん2代目奥さんです。食卓の紹介、今日の出来事やパナソニック商品のご紹介です。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このブログは2006年に書いたものです。

『いじめ問題』が大きく取り上げられている中で、家の娘に起こった事と親の私が体験したことを辛い思いでですが、少しでもお役に立てたなら良いかな~と思いました。

毎日いじめで自殺の報道や学校の先生の問題が絶えません。大変親として悲しく思います。

先日の土曜日娘の学校の幹事会があり『いじめ』問題も話し合いの中にありましたが子供達からや親からもそういった問題は聞いてないと言う事がありました。家の娘の学校は中高一貫教育の学校で女子ばかりです。キリスト教を学んでいます。

家の娘達3人共同じ学校なのでいろんな事が良くわかります。

長女が入学してまもなくの時、気がかりな事がありました。娘に問いただしても何も言いませんでした。学校にも普通に通っていたので安心しきっておりました。

所が夏休み明けに娘に異変がありました。急に熱を出して夜中病院へ行くことになりました。検査しても何処も悪い所がなく親としてはホットしておりました。でも、娘の小さなメモをポケットの中から見つけてしまいました。

メモには『私が何をしたの?悪い事としたの?どうして無視するの?』とそれはもう母として胸が張り裂けるくらい苦しく泣けてしまいました。夫にすぐその話をしてどうしたらよいか相談しました。

まず、娘が学校から帰ってから話を聞こうと言う事になりました。いつも明るく普通にしているので気が付きませんでした。

娘を私達の部屋に呼び事情を聞きましたが何も言いませんでした。

私が娘に『Hのポケットから出てきたんだけど』と言うと・・・・娘の顔が急に暗くなり大泣きしました。それでもうすぐに担任の先生に連絡を取り事情をお話しました。

娘からの一方的な話で、相手の事を聞いてないので、と言う事を前提担任の先生にお話させていただきました。

それから毎日担任の先生や、学校から連絡が来ました。娘も何事もなく通っていて毎日学校の様子をしてくれました。

娘は私に『ママ今日ね調理実習の時、料理を私に作らせてくれなかったのそして、洗い物や雑用ばかりさせてね、でも私一生懸命にやったんだ。私を無視したお友達の前で一口食べて・・・こんなまずい物食えるかてゴミ箱に捨ててやったの。そしたら違う班のお友達が寄ってきてカッコいいねって言ってお友達になったの』と凄く嬉しそうな顔をして話してくれました。

それからは娘は生き生きとまた堂々として本当に楽しそうに学校の話を聞かせてくれました。先生も毎日連絡を下さり本当にありがたかったです。娘を無視していたお友達も今ではとてもいい人間関係でお付き会いしてます。子供は残酷です。こちらが思っているよりもずっとずる賢くて自分の都合のいい事しか言いません。我が子もそうですからやはり、日ごろから家庭・学校・子供とコミニュケーション取らないといけないんだと思いました。

我が子に限ってとは思っていませんでしたが、ショックだったのは事実です。次女、三女ともいろんな問題がありましたが、長女の問題のお陰でアドバイスもでき妹たちもお姉ちゃんに相談にのってもらい楽しい生活を送っています。

はっきり言っていじめはなくならないと思います。(悲しい言い方ですが)強い精神力と家族の支えで乗り切るしかないでしょうか?

私は子供たちに
生きる力をつけてあげなければと思った出来事でした。

以下インターネットの朝日新聞より

いじめられている君へ 乙武洋匡さん


 

写真:乙武洋匡さん拡大乙武洋匡さん

■人生が輝く日 必ず来る

 生きていても楽しいことなんてない。君は、そう思うかな。でも、君がつらい目にあっているのは、だめな人間だからでも、劣っている人間だからでもない。

 僕は2007年から3年間、小学校の先生をしていた。当時の教え子は23人いて、みんな今、中学1年だ。どの子にも、いいところがいっぱいあるのを僕はよく知ってる。

 君にもすぐに会いに行き、いいところをいっぱい見つけて、「大丈夫だよ」と抱きしめてあげたい。でも、そうもいかないから、ここで伝えておくね。

 僕は先天性四肢切断という障害で両手両足がない。でも僕を認め、必要としてくれる家族や仲間のおかげで幸せに過ごしてきた。

 僕を認めない人、嫌う人、批判する人もたくさんいる。先生だったころは、同僚の先生たちと考えが合わず、否定されてばかりでしんどかった。

 誰にでも、合う人、合わない人の両方がいて、どちらの人たちの間に身を置くかで、毎日の楽しさや輝きは全然違う。君にも、将来出会うはずの仲間がいる。人生が輝き出す日は必ず来る。生きよう。学校を休んだって転校したっていい。

 すぐできることを一つ、教えてあげるね。

 君が受けているいじめをノートに書いてみるんだ。誰が何をしたか。周りはどう反応したか。君はどんな気持ちだったか。できれば、毎日書き続けよう。

 書けば気持ちが整理できる。何がつらく、自分がどうしたいか、どうしてほしいかが見えてくる。問題がこじれたときには、君を守る証拠にもなる。そして何より、その記録の厚みは、君が耐えに耐えてきた強さの証しになるんだ。(おとたけ・ひろただ=作家)

今日も笑顔でいられるように^^

ぽちっと愛の手をお願いします。
↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

強く生きよう!思う方は
ぽちっと愛の手をお願いします。
↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ




 




 

今日も笑顔で^^

太陽光発電・オール電化・リフォームの事なら何でもお気軽にご相談ください。

愛の手を^^

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
↓↓↓ぽちっと愛の手を^^
ブログランキング・にほんブログ村へ

娘が更新↓こちらも覗いてね^^
 


拍手[0回]

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題

おはようございます♫

いじめ問題は、本当にいろんなケースがあり、難しい問題ですね。
娘ちゃん、強かったです。よく我慢しました。
お母さんも、小さなことを見逃さないでよかった。
昨今のケースは家の人には全然わからなかったと聞きます。
本人が、言葉にして整理することは大切な事なのですね。
いじめは、大人社会でも有りますが、大人は少しは
回避を知っています。
でも、学生は乙武さんが書かれてるような転校等の
方法を知りません。
いじめられたら…という情報の本がもっとあったら…
そして、それを本人たちが読めたらいいと思います。

香菜 携帯 2012/07/26(Thursday)06:57:29 Edit
家も

3女が小4の時、クラス中から無視されるいじめ?を受けました。
給食の前になると、顔色が真っ青になるくらいの腹痛ですが
迎えに行き、家に帰るとケロッとしていました。
(仮病ではありません。熱も出ました)
そんなことが3日続き病院でも異常ないというので
「学校で、なんかあったでしょ?」というと
大泣きして、「クラスの誰も話してくれない。」

先生には「学校で何か無いですか?」と電話を入れました。
小規模校のため、ず~っと同じクラスなので
いじめっ子のリーダーは見当が付きました。
娘とはこまめに話し合うようにしました。
しばらくして、クラスの中にも声をかけてくれる子が出てきて
娘は明るさを取り戻しました

今では、臨床心理を学ぶために大学にいっています。

このことがなければ、別の道に進んでいたかもしれません。


さ行のママ 2012/07/26(Thursday)08:20:37 Edit
無題

おはようございます。

イジメ問題は 本当に陰湿で何時の時代も有ると思います。
我が家も息子がそうだった様です
有る時に足に怪我をして病院に掛かりました。
学校で怪我した事ですから私直ぐに先生に連絡したら学校の保険を使かってくださいと言うことでした。私が電話したのは原因を知りたいことでした。先生も後ろめたさが有ったようで・・・
その後私も様子を見ていましたが無事に卒業しました。

shida URL 2012/07/26(Thursday)08:34:46 Edit
一人で悩まないで

香菜さん。
コメントありがとうございます。

>おはようございます♫

おはようございます。

>いじめ問題は、本当にいろんなケースがあり、難しい問題ですね。
娘ちゃん、強かったです。よく我慢しました。
お母さんも、小さなことを見逃さないでよかった。

本当に難しい事です。
お家の人にわかるのは一番最後だと思います。子供は親には心配かけないようにしますから。

>昨今のケースは家の人には全然わからなかったと聞きます。
本人が、言葉にして整理することは大切な事なのですね。
いじめは、大人社会でも有りますが、大人は少しは
回避を知っています。

そうですね。今の世の中を見てもいじめを大人がしている事も多いです。

>でも、学生は乙武さんが書かれてるような転校等の
方法を知りません。
いじめられたら…という情報の本がもっとあったら…
そして、それを本人たちが読めたらいいと思います。

やはり家庭だけでなく地域や学校といったもので見守る事も大切です。
とにかく一人で苦しんでいないで相談をして欲しいです。明るい未来は必ずありますからね。

子豚のママ URL 2012/07/26(Thursday)09:32:09 Edit
辛い経験

さ行のママさん。
コメントありがとうございます。

>3女が小4の時、クラス中から無視されるいじめ?を受けました。
給食の前になると、顔色が真っ青になるくらいの腹痛ですが
迎えに行き、家に帰るとケロッとしていました。
(仮病ではありません。熱も出ました)

子供は辛いことなどあると体も心も傷ついて体調を崩しますね。
仮病では絶対にありません。

>そんなことが3日続き病院でも異常ないというので
「学校で、なんかあったでしょ?」というと
大泣きして、「クラスの誰も話してくれない。」

親に打ち明けるのも勇気が入りますね。3女ちゃん 偉かったわね。悔しくて悲しくて・・・そんな思いをしたのよね。

>先生には「学校で何か無いですか?」と電話を入れました。
小規模校のため、ず~っと同じクラスなので
いじめっ子のリーダーは見当が付きました。
娘とはこまめに話し合うようにしました。
しばらくして、クラスの中にも声をかけてくれる子が出てきて
娘は明るさを取り戻しました

本当によかったです。勇気が子供もいる事でしょう。明るさを取り戻せた事は何よりです。

>今では、臨床心理を学ぶために大学にいっています。

このことがなければ、別の道に進んでいたかもしれません。

いろんな経験をして子供は自分の進むべき道を行くのですね。
きっと沢山学んで学んだ事が沢山の人に役に立とと私は思います。
いじめがなくなる事は難しいと思いますが、立ち向かう勇気は持ち親や友人に相談できるような強い精神力であって欲しいです。



子豚のママ URL 2012/07/26(Thursday)09:46:32 Edit
無事に卒業された事

shidaさん。
コメントありがとうございます。

>おはようございます。

おはようございます。

>イジメ問題は 本当に陰湿で何時の時代も有ると思います。
我が家も息子がそうだった様です

まあ、ご子息もあったのですね。
親として辛いです。

>有る時に足に怪我をして病院に掛かりました。
学校で怪我した事ですから私直ぐに先生に連絡したら学校の保険を使かってくださいと言うことでした。私が電話したのは原因を知りたいことでした。先生も後ろめたさが有ったようで・・・
その後私も様子を見ていましたが無事に卒業しました。

けがをするような事。許せません。
先生はキチンと対処なさったように思えないです。
相手の親御さんやけがをさせた本人は謝罪に来ましたか?
キチンと話をしないと納得行きませんね。
親はどうしてそうなったのか原因を知りたいですから。
ご子息が無事に卒業された事が何より嬉しいです。

子豚のママ URL 2012/07/26(Thursday)09:54:08 Edit
無題

子豚のママさん
おはようございます。
読ませていただいて胸が熱くなりました。
親は色々な事を経験しますねぇ。
お嬢さんの辛かったことも響きますね。
時には強く立ち向かうこともいりますね。
今、子供たちを取り巻く世間が騒がしくて心が痛みます。

ムームー URL 2012/07/26(Thursday)10:55:25 Edit
無題

わたしもこの新聞の連載を読んでいます。
残念ですが、どの人もいじめられた経験を持っているのですね。
今回の流れの中で、私の印象に残ったのはO先生のTVでのコメントです。
いじめはいじめる側を育てる教育をしないと、いけねいというのです。
人をいじめるのは幼い精神ですから、いじめた子が大きくなった時
他人をいじめたことを後悔して、苦しむようになる。
それが発達というものだというのです。
だからいじめられるのはもちろん、もちろん苦しいことですが、
いじめる方を教育しないと、双方が苦しむようになると言っていたことです。

私自身は、いじめはいじめる方に多くの問題があると思っていますから
その子が家庭でどういう風に育てられているかを検討してみる必要があると思うのです。
子供は我慢していることがあると、そのバランスをどこかで取ろうとして
ストレス解消を果たすように、学校で悪さをするのではと思っています。
それが総てではないですが・・・

私自身は時代も時代で、いじめにあわずに育ってしまいましたが。

はなこ URL 2012/07/26(Thursday)20:34:25 Edit
無題

こんばんは。

長女さんのこと、よく親御さんが見守っていて、ここぞと言う時には先生とも連絡を密にとって、だから長女さんも克服できたのですね。

私が気になるのは、いじめた方の子供や親の経験話を聞いたことが無いことです。
加害者だから忘れたいのかもしれませんし覚えていないのかもしれません。
親も自分の子がいじめていたことを知らないのかもしれません。
どうしてひとをいじめるようになったのか誰か手記を書いてくれないでしょうか。

ひろみママ URL 2012/07/26(Thursday)22:21:14 Edit
良かったわ

長女さん、良かったです。
ご両親がちゃんと見ていて下さるって事が自信に繋がったのよね。

小学生低学年の頃、学校ではなく近所でいじめにあいました。
昔は年に関係なく遊んでいたの。
両親が厳しくて5才も年下の妹を連れて行かないと遊びに出してくれなかったの。
その妹がすごいきかん坊。
周りはその妹を連れてくると「ダメだよ、〇ちゃんを置いて来なくっちゃあ」って。
泣き泣き帰ると母はすぐに怒鳴り出ていくの。
子供の喧嘩に親が出る!タイプです。
だからますます私はのけ者になるの。

妹は私と出たがり高校生のころまで続き、結婚してもなんだかんだと近づいてきます。
だから今でも妹が鬱陶しく感じます。

いじめ問題とは話題がそれましたね。

ベンジャミン(keiko) 2012/07/27(Friday)09:51:59 Edit
時代もありますが

ムームーさん。
コメントありがとうございます。

>子豚のママさん
おはようございます。

おはようございます。毎日暑いですね。

>読ませていただいて胸が熱くなりました。
親は色々な事を経験しますねぇ。
お嬢さんの辛かったことも響きますね。

はい。親は本当に大変ですがいろいろ学ぶ事も多く勉強になります。

>時には強く立ち向かうこともいりますね。
今、子供たちを取り巻く世間が騒がしくて心が痛みます。

時代もあるでしょうが、環境は大切です。
今は子育てもいろんな意味で考え直す時でしょうか。

子豚のママ URL 2012/07/27(Friday)10:26:17 Edit
愛すべき存在

はなこ さん。
コメントありがとうございます。

>わたしもこの新聞の連載を読んでいます。
残念ですが、どの人もいじめられた経験を持っているのですね。

そうですね。

>今回の流れの中で、私の印象に残ったのはO先生のTVでのコメントです。
いじめはいじめる側を育てる教育をしないと、いけねいというのです。
人をいじめるのは幼い精神ですから、いじめた子が大きくなった時
他人をいじめたことを後悔して、苦しむようになる。
それが発達というものだというのです。
だからいじめられるのはもちろん、もちろん苦しいことですが、
いじめる方を教育しないと、双方が苦しむようになると言っていたことです。

私も少しだけ見ました。
教育は親だけでは出来ない事が多いです。家庭教育も最近は中々出来ない親も多く驚きます。
やはり地域・学校・家庭とでしないといけないと最近特に思います・。近所に怖いおじさんがいる何て事最近ないですものね。

>私自身は、いじめはいじめる方に多くの問題があると思っていますから
その子が家庭でどういう風に育てられているかを検討してみる必要があると思うのです。
子供は我慢していることがあると、そのバランスをどこかで取ろうとして
ストレス解消を果たすように、学校で悪さをするのではと思っています。
それが総てではないですが・・・

仰る通りです。すべてではないと思いますが、やはり家庭環境は大切です。
今の子供たちの環境もデジタル化しているのでそう言った事も関係があるのかしら。

>私自身は時代も時代で、いじめにあわずに育ってしまいましたが。

私たちの時はガキ大将はいましたが愛すべき存在でした。

子豚のママ URL 2012/07/27(Friday)10:32:20 Edit
誰もが

ひろみママ さん。
コメントありがとうございます。

>こんばんは。
こんにちは。

>長女さんのこと、よく親御さんが見守っていて、ここぞと言う時には先生とも連絡を密にとって、だから長女さんも克服できたのですね。

親として本当にショックでした。でもいじめる側でなくて安心しました。

>私が気になるのは、いじめた方の子供や親の経験話を聞いたことが無いことです。
加害者だから忘れたいのかもしれませんし覚えていないのかもしれません。
親も自分の子がいじめていたことを知らないのかもしれません。
どうしてひとをいじめるようになったのか誰か手記を書いてくれないでしょうか。

言われてみたら・・・そうですね。
やはり自分に不利な事は書きたくないのかしら。いじめはするのに正当な事は出来ない卑怯な人間かも・・・でも人は残酷な所があるので誰しも被害者や加害者にもなりえますね。
本当にそういった手記があればとも思います。

子豚のママ URL 2012/07/27(Friday)10:45:47 Edit
姉妹って

ベンジャミン(keiko) さん。
コメントありがとうございます。

>長女さん、良かったです。
ご両親がちゃんと見ていて下さるって事が自信に繋がったのよね。

そうでしょうか。でも克服出来て良かったです。

>小学生低学年の頃、学校ではなく近所でいじめにあいました。
昔は年に関係なく遊んでいたの。
両親が厳しくて5才も年下の妹を連れて行かないと遊びに出してくれなかったの。
その妹がすごいきかん坊。
周りはその妹を連れてくると「ダメだよ、〇ちゃんを置いて来なくっちゃあ」って。
泣き泣き帰ると母はすぐに怒鳴り出ていくの。
子供の喧嘩に親が出る!タイプです。
だからますます私はのけ者になるの。

まあ、そうですか。昔は本当に年齢関係なく遊びましたね。

>妹は私と出たがり高校生のころまで続き、結婚してもなんだかんだと近づいてきます。
だから今でも妹が鬱陶しく感じます。

あはははは~多分妹さんはお姉さまである ベンジャミン(keiko) さんが大好きなんでしょう。

>いじめ問題とは話題がそれましたね。

大丈夫です。素敵なお話です。
姉妹って良いものですね。


子豚のママ URL 2012/07/27(Friday)10:49:08 Edit
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
最新コメント
[10/14 N-Beetle]
[06/21 asu-he]
[06/20 asu-he]
[06/19 asu-he]
[06/18 asu-he]
プロフィール
HN:
子豚のママ
年齢:
61
性別:
女性
誕生日:
1958/09/13
職業:
会社役員(社長を取り締まる役です)
趣味:
料理・DVD鑑賞
自己紹介:
パナソニック系2代目電気屋さんの奥さんです。
ブログは2006年8月16日に初めて、今年で7年目になります。良く我ながら続いていると思います。
ようこそ我が家へパート2はドタバタしている私の日ごろの様子を書いています。
拙いブログになると思いますが、ごゆっくりどうぞ。

韓国ドラマ・映画大好きです。

このブログの写真・テキストの無断転載はお断りします。

バーコード
カウンター
アクセス解析
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ [PR]